JOYFIT24 全国100店舗達成

おかげさまで、JOYFIT24全国100店舗を達成いたしました

いつもジョイフィットをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

このたび、24時間営業フィットネスジム「JOYFIT24」は、
2012年の第1号店「旗の台」(東京都品川区)からはや4年、
2016年2月29日をもちまして、全国100店舗を達成することができました。

(ジョイフィットグループ全店では、計180店舗)※2016年2月29日時点のオープン予定を含む

これもひとえにお客様のご支援の賜物と受け止め、
心より感謝申し上げます。

これからも、JOYFIT24は、もっと元気に、もっと笑顔になれるよう
安全で快適に、いつでも気軽に通えるフィットネスジムとして、
「誠実に、丁寧に、正確に・・・確実に」
さらなる飛躍を目指し、努力と進化をスタッフ一同で積み重ねてまいります。


- 皆様の笑顔と一緒に。 JOYFIT24 広報 -

JOYFIT24 全国100店舗達成企画 代表取締役社長岡本将インタビュー

フィットネスジム ジョイフィット24 代表取締役社長岡本将

JOYFIT24が100店舗に到達した、率直な気持ちは?

「通過点に過ぎませんね。」・・・と、格好よく言いたいところですが、それは、嘘です(笑)。
率直に、大変うれしく思っています。

4年間で100店舗を出すというのは、すごい事ですし、
なにより、店の数が増えるということは、ともに働く仲間も増えたということ。
その仲間とともに頑張ってきた結果、お客さまの笑顔を増やすことができた。
色々な想いが込み上げてきて、とても感動していますね。

Q. JOYFITのスポーツクラブは、スタジオやお風呂のある総合施設型(通称・青ジョイ)が基本スタイルでしたが、このたび100店舗を達成した24時間営業のジム型「JOYFIT24」(赤ジョイ)をつくろうと思ったきっかけは?

日本人は、働き者なので忙しいが、健康意識は高い。
だから、“いつでも、どこでも体を動かすことができる”
そんな場所がつくれたら・・・と思っていました。
ただ、どのようなカタチが良いのかが分からない。
お店の場所は?大きさは?施設の内容は?営業時間は?
たくさん勉強をしようと思い、フィットネス最先端であるアメリカに足を運びました。
また、フィットネス人口が日本の3倍以上と言われているヨーロッパのスタイルも学びました。

こうして、今までの日本には無かったけれども、
日本人にピタッとはまる“24時間営業・高クオリティなマシンと設備・清潔な施設”
そんな、新鮮なスタイルの店を、お客さまに提供できる道が出来ました。

Q. 100店舗到達に至るまでの“壁”はありましたか?

ライバルが増えて、とてもレベルの高い競争が始まりました。
私たちはノウハウが無かったので、ゼロから始めましたが、
ライバルはすでに、その術を持っていたり・・・。
戦っていけるのか、不安がありました。

ライバル達とは違う手法や戦法・・・施策や
実行するまでのスピード感も大切です。

しかし、一番大切なことは“お客さまとのコミュニケーション”。
このこだわりは、我々がどこにも負けていないところです。

小さくてもひとつひとつのコミュニケーションを丁寧に取ってこそ、
お客さまの笑顔があふれる・・・そんな、フィットネスジムを目指しています。

フィットネスジム ジョイフィット 社長からのインタビュー

Q.「JOYFIT24」今後のありたい姿は?

目標「100店舗の次は200店舗!」
僕は、大きな夢のような目標を掲げるのが上手ではなくて・・・。

確実な目標を、しっかりと数で示したいのです。

ちゃんと区切りをつけて、振り返って、整理して進めてきました。
大きな数にはこだわらず一店舗一店舗、丁寧に店をつくってきたから、今があります。

ジョイフィットはもともと、北海道帯広市の中で、
1つのスイミングスクールとして親しまれていました。

人口が少ない環境のなかで、「ひとりひとりのお客さまを大切にする」
その地道にやってきたメンタリティを大切に、これからもやっていきたいですね。

フィットネスジム ジョイフィット 社長からのメッセージ

インタビューをご覧頂いた皆さまへメッセージ

「一店舗 一店舗 丁寧に」
お客さまが気持ちよくご利用いただける姿が
いつでも思い浮かぶような店を、丁寧につくります。

運動が「やらなきゃいけない」義務感からではなく、
「やみつき」になって、自然と足を運んでもらえるような店。

一店舗 一店舗どこのお店に行っても丁寧さが伝わるはずですので、
引き続き「JOYFIT24」のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

編集後記

インタビューをご覧頂きありがとうございました。
色紙に書いたメッセージ「一店舗 一店舗 丁寧に」
この「一店舗」の読み方を、「いってんぽ」ではなく、「いちてんぽ」と噛み締めるように話していたのが、印象的でした。
読みかた、伝えかたからも、この「一店舗 一店舗 丁寧に」の想いが強いのだと感じました。

- ジョイフィット・ヘルステック・カンパニー 広報 -

スタッフ一同で、丁寧につくったジョイフィット

フィットネスジム ジョイフィット24 トップページへ