2017.12

大豆で美肌づくり。
大豆とほうれん草のクリームスープ

レシピを見る

皆さんは「お肌をキレイに見せたい!」と思う時に何をしますか?新しいメイクにチャレンジしてみたり、スキンケア用品を変えてみたり・・・・。そんなことが思い浮かびますよね。肌は外からのお手入れが最も重要と思われがちですが、実はそれだけではなく「どんな食生活をしているか」ということが、内臓の健康状態とお肌のコンディションに大きく影響を与えていると言われています。そこで、今回は食事の内容、つまり食べることでカラダの中からできる、美肌作りについて、考えてみましょう。

今回ご紹介する美肌のためのレシピは、これからの寒い季節に!「大豆とほうれん草のクリームスープ」です。寒い季節の朝ごはんには、体を温めてくれるスープが飲みたいですよね。豆乳には、女性に嬉しい栄養素がたくさん入っています。スープに使う豆乳はできれば無調整豆乳を使用してみてください。「豆乳は苦手…」という方でもコンソメで味付けするので、飲みやすくなりますよ。スープはすぐにお腹が減ってしまいがちですが、ふっくら大豆がたっぷり入っていて食べごたえあり!

多めに作ったら、ご飯の上にスープをかけ、チーズをのせてトースターで焼くとドリア風に。しっかり夜ご飯にもなります。腸には食べ物の栄養素を吸収する働きがあり、ここで吸収された栄養素が身体中に行き渡ります。そのため、美肌づくりを助ける食事では、腸内環境を整えることがとても大切。こちらの記事(→腸内環境を整えるレシピ)も参考にどうぞ!

大豆は「畑の肉」とも言われているように私たちの体を作るタンパク質の供給源の一つであり、主要な成分としてタンパク質、炭水化物、脂質のほか、ミネラル、ビタミン、カルシウムなどが含まれています。

Recipe

〜 材料 〜

(2人分)

  • オリーブ油…小さじ2
  • にんにくみじんぎり…1/2かけ
  • 玉ねぎ…50g
  • にんじん…50g
  • ほうれん草…70g
  • 大豆(缶)…100g
  • ベーコン…1枚(30g)
  • 小麦粉…大さじ2
  • 豆乳…2カップ
  • コンソメ顆粒…小さじ1
  • 塩、こしょう…各少々

〜 作り方 〜

  • 1.
    鍋にオリーブ油、にんにくみじん切りを入れて火にかけ香りがでたら玉ねぎ薄切り、にんじん短冊切りを炒める。
  • 2.
    ざく切りしたほうれん草、大豆とベーコン細切りを加えて炒めたら小麦粉を加えて全体に混ぜ合わせる。
  • 3.
    豆乳、コンソメを加えて煮る。
  • 4.
    ときどきかき混ぜながら全体にとろみがついてきたら塩、こしょうで味をととのえる。

レシピ考案・監修 ほりえさちこ

料理家・栄養士・食育アドバイザー。テレビや雑誌を中心に、自身の育児経験を生かした栄養バランスのとれた簡単でおいしい料理を提案している。おベんとう、うちごはん、うちおやつ、ビューティーレシピ等の書籍を出版するなど多方面で活躍中。また、食育の講演も行う等、食に関する活動にも力をいれている。ナチュラルでかわいらしいアイデアあふれるレシピとスタイリングも人気。

まずは”見学・体験”をしてみてください!経験豊富なスタッフが丁寧にご説明いたします。

店舗検索 体験レッスンご予約 入会予約はこちらから
  • おうちでヨガ
  • かんたんレシピ
  • 美と健康のコラム