• ジムで使うタオルは自分との相性でチョイス

    運動中に何度も肌に触れるタオル。好みに合ったものを選びたいですよね。選び方のポイントは「肌触り」「吸水性」「価格」「耐久性」「洗濯/清潔」など、どこを優先するかは人それぞれ。今回はそんなタオルの素材と、織りの種類をご紹介します。

    タオルの素材

    コットン:ふんわりとして柔らかいので、肌に触れるものはコットンという人は多いです。さらに、オーガニックコットンやエジプト綿など、コットンの中にも色々種類があるので、自分の肌に合うコットンを知っておいて損はないです。

    リネン:吸水性と耐久性に優れるのがリネン。肌に軽く当てるだけでしっかりと汗を吸収し、乾くのも早い。使うほどに肌に馴染んでくる感覚を味わうとリネン以外は使いたくなくなります。また、コットンよりかさばらないのもジムに持っていくには◎。

    マイクロファーバー:ポリエステル、アクリル、ナイロンなどの化学繊維でできたタオル。速乾性と軽さが特徴。すぐ乾くので干す時間が少なくていいのは便利です。最近は、アウトドアメーカーがこぞって開発しているタオルが、機能性が高くて注目です。

  • タオルの織り

    パイル:いわゆるベーシックなタオル。ロングパイルなど長さの仕様もいくつかあります。余計な制作工程が無いので、安い価格帯からあります。

    ワッフル:お菓子のワッフルに似たでこぼこの生地。肌触りはさらさらで、吸水性も乾きやすさも優れています。さらに、糸がほつれにくい!

    ガーゼ:通気性がよくて洗濯がしやすく、汗をたくさん拭きたい人に最適。ふわっとした肌ざわりもポイント。

    無撚糸:柔らかな肌触り重視なら無撚糸。繊維と繊維の間に空気をたくさん含む形状なので、ふんわりとした風合い。ただ耐久性は弱く、洗濯で毛羽が落ちやすいです。

  • ジムで使うタオルは2種類あると便利

    さらにこだわる場合は、運動中に汗を拭く速乾性のあるタオルと、運動後にシャワーを浴びた際に体を拭くタオルの2種類があると便利。運動中には、よく汗をふけるフェイスタオルや、フェイスタオルより少し長めのスポーツタオルが向いています。体を拭くタオルはバスタオルがおすすめですが、かさばるので、スポーツタオルでもよいかもしれません。

    スイマーはおなじみ「セーム」があなどれない!

    「セームタオル」もしくは「セーム」って聞いたことありますか?セームタオルとは、主に水泳などで使われていて、通常のタオルよりも吸収性が高いアイテム。吸水性の高いスポンジ状のものと、タオルの様な風合いのものといった、スイムメーカー大手2社がそれぞれに開発した「セーム」が主流です。大きさは、ハンドタオル程度のものから、ランチョンマットのようなものまであり、基本的には小さめ。水分をふき取ったあと、絞ればすぐにまた吸収性が復活する優れものです。水泳のみならず、ほかの運動の際にもおすすめです。

まずは”見学・体験”をしてみてください!経験豊富なスタッフが丁寧にご説明いたします。

店舗検索 体験レッスンご予約 入会予約はこちらから
  • おうちでヨガ
  • かんたんレシピ
  • 美と健康のコラム