食とカラダの基礎知識 食とカラダの基礎知識

失敗しないジムの選び方|種類からおすすめの施設まで紹介!

筋トレやフィットネスを行う理由は、さまざまです。運動不足解消かダイエット目的かの違いによって、トレーニング法やトレーニング期間など考えるポイントはいくつもあります。

しかし、通うスポーツジムによってフィットネスの質や満足度が異なることを知らない方も多いのではないでしょうか。ジムでしっかりとボディメイクしたい場合、ジムの選び方は重要なポイントです。

当記事では、ジム選びで失敗したくない方のために、選び方のコツやおすすめ施設について解説します。

失敗しないジムの選び方|種類からおすすめの施設まで紹介!

1.ジムの種類は主に3種類

ジムの選び方について考える前に、ジムにはどのような種類があるかを知ることが重要です。ジムは運営会社やサービス提供形態の違いにより、公営ジム・パーソナルトレーニングジム・会員制スポーツジムの3種類に分けられます。

まずは、それぞれのジムにおける特徴やメリット・デメリットについて見てみましょう。

1-1.公営ジム

公営ジムは、自治体により運営されている公共施設のジムです。
総合体育館やスポーツセンターなどの名称が付けられていて、基本的に地元住民の方であれば格安価格で利用できるシステムとなっています。ただし、設備やトレーナーの点でデメリットもあるため、利用する際は注意してください。

メリット デメリット
  • 居住地域の公営ジムは安い料金で利用できる
  • 料金形態は都度払いであり、月額費用がかからない
  • 民間に比べて施設規模や設備は劣る
  • トレーナーやインストラクターがいない施設も多く、自分でトレーニングメニューを管理する必要がある
  • 営業時間が短く夜間に利用できない施設もある

1-2.パーソナルトレーニングジム

民営ジムであるパーソナルトレーニングジムは、利用者にパーソナルトレーナーが付いてアドバイスや指導を行うことが特徴です。
利用者はトレーニングを行う目標を設定し、トレーナーは目標達成のためにプログラム作成や食事指導などを行います。「特定部位を重点的に鍛えたい」「○kg痩せたい」といった目標を持っていて、達成のために努力できる方におすすめです。

メリット デメリット
  • トレーナーがマンツーマンで指導するため、初心者でも効率的なトレーニングを行える
  • 決まった日時に利用する予約制システムのため、コース終了後も運動を習慣づけられる
  • トレーナーが指導する体制のため、利用料金が高く設定されている
  • 明確な目標を設定しなければトレーナーの指導を活かせない
  • トレーナーとの相性や指導メニューが合わないと続けられなくなる

1-3.会員制スポーツジム

会員制スポーツジムは、施設内にトレーニング用の器具が並んでおり、会員が自由にトレーニングを行えるタイプのジムです。
営業時間は基本的に24時間であり、会員は専用のカードキーで認証することにより設備をいつでも利用できます。「集中できる環境でトレーニングに励みたい」「仕事帰りや休日など好きなタイミングで利用したい」といった方におすすめのジムです。

メリット デメリット
  • コストを抑えた運営がされているため、利用料金が安い
  • 24時間いつでも利用できるため、曜日や時間帯を気にせずトレーニングできる
  • 利用設備やインストラクターの有無など、カスタマイズ性が高い
  • トレーニングの時間やメニューは自分で設定する必要がある
  • マシンの利用方法が分からない初心者だと利用しにくい

2.失敗しないジムの選び方とは?

ジムはさまざまな種類があるものの、どのジムであっても契約・利用するときにお金がかかります。ジムを契約するときの出費は安くないため、ジム選びを失敗したくないと考える方がほとんどです。

ここでは、失敗しないジムの選び方を紹介します。契約してから「自分に合っているジムではない」と気付いて後悔しないためにも、ぜひ当項目を参考にしてください。

2-1.通いやすいか

契約したジムが通いにくいと、そのうち通うことが面倒になって辞めてしまいます。ジムを選ぶときは、自分にとって通いやすいかを確認しましょう。 ジムの通いやすさには、2つの考え方があります。

  • 家や職場から通いやすい場所にあるか
  • 営業時間は長いか

休日もジムに通いたい方は、家に近いジムを選びましょう。自転車で通える距離か、電車に乗って1~2駅で行けるところがおすすめです。

職場から近いジムを探すときは、通勤途中に自然と立ち寄れる立地であることはもちろん、営業時間の長さも見ておいてください。トレーニングしたいタイミングに閉店していては、意味がありません。自分が利用したい時間に営業していることは重要です。

2-2.見学や体験ができるか

ジムの中には、契約前に店舗見学やサービスを無料体験できるところもあります。自分の目でジムを判断できるチャンスであるため、見学・体験ができるかは必ず確認しましょう。
見学・体験の際は、以下のポイントに着目してください。

  • 施設の広さと清潔感
  • 設置されているマシンの種類と台数
  • 利用者の雰囲気
  • スタッフの接客態度

慎重にジム選びを進めたい方は、2~3か所ほどの施設を見学・体験して比較することがおすすめです。実際にサービスを利用してから選んだジムであれば、高い満足度で通い続けられます。

2-3.スタッフの対応は適切か

ジムを利用する際には、在籍しているスタッフと何度も顔を合わせます。快適にジム通いを続けるためにも、スタッフの対応が適切であることを確認してください。

たとえば、設置されているトレーニングマシンの操作方法や効果的なトレーニング方法を聞いたとき、スタッフが笑顔で分かりやすく答えてくれるところは安心できるジムです。

2-4.パーソナルトレーナーはいるか

パーソナルトレーナーの有無について確認することも、ジム選びにおける重要なポイントです。パーソナルトレーナーは、利用者の目的・体質・体調に合わせたトレーニングメニューを設定し、無理なく続けられる日程を組んでくれます。

とくに運動経験があまりない方や、明確な目標を定めてトレーニングしたい方は、パーソナルトレーナーが在籍しているジムを選択しましょう。ジム利用に慣れている方であっても、トレーニング内容について相談できるパーソナルトレーナーがいることは心強いものです。

2-5.自分が求める設備は整っているか

ジムにお金を払って通う以上、充実してトレーニングできる環境を求めたい方も多いのではないでしょうか。多くのジムはトレーニング機器以外にも、フィットネスに役立つさまざまな設備を揃えています。

候補としているジムに自分が求める設備は整っているかどうかは、利用時の満足度を大きく左右するポイントです。
ジム選びで確認しておきたい設備の一例は、以下の通りです。

  • トレーニング機器の種類
  • ロッカー数と施錠の有無
  • シャワールーム
  • サウナルーム
  • リラクゼーションルーム
  • ウォーターサーバー

3.スポーツジムはJOYFITがおすすめの理由を紹介!

自分がトレーニングしたいときに利用できるスポーツジムを選びたい方は、「JOYFIT」がおすすめです。JOYFITは全国展開しているスポーツジムであり、以下の2つの特徴による使いやすさが魅力を高めています。

■営業時間が長くトレーニングに活用しやすい

JOYFITの営業時間は基本的に朝6時~深夜0時であり、早朝から深夜まで利用できます。また、マシンジム特化型ジムであるJOYFIT24は24時間営業で、利用者がトレーニングしたいときにいつでも利用可能です。

■「どこでもJOY」で全国のJOYFITを利用できる

JOYFITでは、入会した店舗に関わりなく全国のJOYFITを利用できる「どこでもJOY」サービスを提供しています。「自宅近くと職場近くの店舗をそれぞれ利用したい」「出張先でもトレーニングを欠かしたくない」といった方に最適です。

スポーツジムを利用しようと考えている方は、JOYFITも候補の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ジムには、公営ジム・パーソナルトレーニングジム・会員制スポーツジムの3種類があります。

利用するジムを選ぶ際は、立地エリアや営業時間から通いやすさを判断し、ジムの設備やスタッフ・トレーニングトレーナーについても確認しましょう。見学や体験ができる場合は積極的に利用して、ジム選びの判断に活かしてください。

さまざまなジムの中でも、JOYFITは通いやすさで人気があるおすすめのスポーツジムです。営業時間が長いだけでなく、入会店舗に縛られない「どこでもJOY」は、全国展開しているジムならではのサービスといえます。ジム選びで迷っている方は、JOYFITのように利便性が高く後悔しないジムを利用しましょう。