食とカラダの基礎知識 食とカラダの基礎知識

【女性向け】お腹回りの皮下脂肪を落とす方法は?ぽっこりお腹の原因

薄着の季節はもちろん、ニットなどボディラインがわかりやすい服を着る機会が多い季節でも、お腹回りの脂肪が気になる女性は多いでしょう。ぽっこりお腹を解消するためには、ぽっこりお腹の原因と正しい解消方法を知っておく必要があります。

女性がぽっこりお腹になる原因と、お腹回りの皮下脂肪を落とす方法を紹介します。運動する際におすすめの手段も併せて説明するため、当記事を参考にすっきりとしたお腹を手に入れましょう。

【女性向け】お腹回りの皮下脂肪を落とす方法は?ぽっこりお腹の原因

1.女性がぽっこりお腹になる原因は?

脂肪の量やつき方は性別によって異なります。男性よりも女性のほうが脂肪の割合が多いため、女性はぽっこりお腹になりやすいといわれています。

まずは、女性がぽっこりお腹になる主な原因について解説します。自分のぽっこりお腹の原因を知り、すっきりしたお腹を目指しましょう。

1-1.セルライトができているため

セルライトとは、不要な水分や老廃物が溜まり、ブロックのようになった脂肪細胞のことです。お腹を指でつまんだ際に、皮膚の表面がボコボコしていたら、お腹回りにセルライトがついていると考えられます。

セルライトは、お腹回りや二の腕などに発生しやすいといわれています。放置すると落としにくくなるため、セルライトによる肥満を解消したい場合は、早めに対処することが重要です。

1-2.筋力が低下しているため

お腹回りの筋力が低下することも、ぽっこりお腹の原因の1つです。お腹回りの筋肉には、脂肪が前に出てこないように抑える働きもあります。筋肉量が減ったり筋力が低下したりすると、脂肪が前に出てこないように抑える力も弱まるため、お腹が出やすくなってしまいます。

また、お腹回りの筋力低下によって便秘などのリスクが高まり、内臓トラブルが起こりやすくなる点にも注意が必要です。便秘によってお腹が張ったり、内臓機能の低下によって血行が悪くなったりすることも、お腹回りが大きくなる要因として挙げられます。

お腹回りだけでなく、全身の筋力が落ちていないかどうかチェックすることも大切です。筋力が低下すると、基礎代謝量も低下します。基礎代謝が下がると痩せにくくなるため、筋力を落とさないように、日頃から運動することを心がけましょう。

1-3.食べすぎているため

運動量が多い方でも、食欲に任せて「摂取カロリー>消費カロリー」となるような食生活を送っていれば、お腹回りに脂肪がつきやすい体質となってしまいます。

飲み会やパーティーなど、一時的に摂取カロリーが消費カロリーを超過する程度であれば、すぐにお腹に影響が出ることはありません。しかし、摂取カロリーが消費カロリーを上回るような食生活を続けていると、余分なカロリーが脂肪となって蓄積され、お腹回りに脂肪がつきやすくなります。

摂取カロリーを減らすためとはいえ、断食などの極端な食事制限・カロリー制限は禁物です。適切な摂取量・摂取カロリーを心がけ、栄養バランスを考えた食事をとるようにしましょう。

1-4.姿勢が悪いため

猫背など姿勢が悪いことも、お腹がぽっこりする原因の1つです。
姿勢が悪いと、お腹回りにある筋肉の力が弱まります。お腹回りの筋力が低下すると、内臓を正しい位置にキープすることができず、内臓の位置が下にずれるため、下腹部がぽっこりしてしまいます。

デスクワーク中心の仕事をしている方や、姿勢が悪い方は、日頃から意識して正しい姿勢をとるようにしましょう。

2.お腹回りの皮下脂肪を落とす方法

お腹回りの皮下脂肪も、ぽっこりお腹を構成する要因の1つです。脂肪には、大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2つがあります。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い・見分け方は、下記の通りです。

内臓脂肪 皮下脂肪
脂肪がつく部位 内臓のまわり 皮膚のすぐ下
(とくにお腹やお尻、太ももにつきやすい)
脂肪がつきやすい性別 男性 女性
脂肪がつく主な原因 栄養バランスが偏っている食生活・生活習慣の悪化・お酒の飲みすぎ 食べすぎ・運動不足
お腹回りについた脂肪の見分け方 お腹がパンパンに張っている
(いわゆるビール腹)
お腹の皮膚がたるんだような状態で、手で贅肉をつまめる

皮下脂肪には、体温の維持や内臓・骨などの保護をする働きがあります。そのため、体にとってほとんど必要のない内臓脂肪よりも皮下脂肪のほうが落ちにくいといわれています。

では、どのような方法をとれば、皮下脂肪が落ちやすくなるのでしょうか。
ここでは、お腹回りの皮下脂肪を落とす方法について解説します。

2-1.食事を改善する

皮下脂肪は、過剰摂取した糖と、血糖値を下げるホルモンであるインスリンとが結びつくことによって作られます。

皮下脂肪を溜め込まないようにするためには、糖を多く含む炭水化物を食べすぎないように糖質制限することが大切です。食事の際には食物繊維を多く含む食品から食べ始めるなど、血糖値の急激な上昇を抑え、インスリンの分泌量が増加しないよう注意してください。

どうしても小腹が空いて間食したくなったときには、プロテインを飲みましょう。プロテイン飲料に多く含まれるタンパク質(アミノ酸)は、筋肉を作る原料となる物質です。筋肉を強化することで、基礎代謝も上がり、より痩せやすい体質を作ることができます。

2-2.筋トレと有酸素運動をセットでする

お腹回りの脂肪を落として減量するためには、運動習慣を身につけ、筋肉の活動量を増加させることも重要です。筋力トレーニングと有酸素運動をセットで行い、皮下脂肪を効率よく燃焼させましょう。セットトレーニング前には準備運動も忘れないようにしてください。

筋トレと有酸素運動による効果は下記の通りです。

  • 筋トレ…筋肉量・筋力アップで基礎代謝を上げ、痩せやすい体質を作ることができる
  • 有酸素運動…酸素を使う全身運動で、効率よく脂肪を燃焼させることができる

お腹回りの皮下脂肪解消・体重減少におすすめのトレーニング方法や運動メニューには、下記が挙げられます。

〇筋トレメニュー①:レッグレイズ

  • ①仰向けに寝て両足を揃える
  • ②床との角度が45度くらいになるまで両足をゆっくり上げる
  • ③両足をゆっくりと下げる
  • ④①〜③を30回繰り返す

①~④までを1セットとして、1日3セット行います。慣れてきたら、腰を起点に上半身も起こして「V字腹筋」にチャレンジしてみましょう。

〇筋トレメニュー②:フロントブリッジ

  • ①うつ伏せになる
  • ②肘を付けて上半身を起こし、腕の角度を90度にキープする
  • ③足指を立ててつま先で立ち、下半身も持ち上げる
  • ④前に向き、首から背中、足まで一直線になるように維持し、30秒間キープする
  • ⑤30秒間インターバル(休み)、①〜④を繰り返す
  • ⑥30秒間インターバル、①〜③を行ったあと、④の姿勢を1分間キープする

①~⑥までを1日1セットは行いましょう。上半身を起こす際、肘の位置は肩幅程度に広げることがポイントです。
慣れてきたら⑥で姿勢をキープする時間を2分、3分と長くしたり、⑥のタイミングで片足ずつ上げたりして、さらなる負荷・負担をかけることもおすすめです。

〇有酸素運動メニュー①:ウォーキング
ウォーキングは特別な道具が必要ないため、誰でもすぐに取り組める有酸素運動です。
背筋を真っ直ぐに伸ばし、歩きましょう。呼吸をゆっくり行いながら、一定のスピードで歩くこともポイントです。

ウォーキングで物足りなくなったら、ジョギングに変えてもよいでしょう。

〇有酸素運動メニュー②:スイミング
スイミングは水の抵抗により運動強度が上がります。そのため、短い運動時間でも効率よく脂肪を燃焼させる効果があるといわれています。
水泳が苦手な方は、水中を歩く「水中ウォーキング」や「水中エクササイズ」もおすすめです。

トレーニングを行う際は、自分の体調やライフスタイルに合わせて、楽しく取り組みましょう。

3.運動するときはJOYFIT24で運動しよう!

お腹回りの脂肪を落とすための運動は自宅でもできますが、集中して運動を行いたいと考えている方には「JOYFIT24」がおすすめです。JOYFIT24はマシンジムに特化したスポーツジムであり、マシンの台数や種類が豊富に揃っています。

また、入会した店舗を問わず全国各地のJOYFIT24を24時間いつでも利用できるため、好きな場所・都合のよいタイミングで運動ができることも魅力です。

さらに、リーズナブルな料金ながらも、目的別のプログラムが多数用意されているうえ、スタッフによる指導も丁寧であるため、初心者の方も安心して通うことができます。お腹回りの皮下脂肪を落とし、お腹をすっきりさせたい方は、ぜひJOYFIT24の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

多くの女性の悩みである「ぽっこりお腹」は、筋力低下や食べすぎなどによって引き起こされます。お腹回りの皮下脂肪を落とし、すっきりしたお腹を手に入れるためには、筋トレと有酸素運動を日常生活に取り入れる必要があります。

脂肪燃焼のための運動を行う際には、利用できる時間が長く、マシンや器具も豊富に揃った「JOYFIT24」がおすすめです。自分の好きなタイミングでマシントレーニングなどで運動を行い、すっきりとしたお腹の美ボディを手に入れましょう。