食とカラダの基礎知識 食とカラダの基礎知識

大学生でも通える安いジムの選び方!ジム通いのメリットとは

ダイエットや筋トレを効率的に行いたい人にはスポーツジムがおすすめです。しかし、ジムに初めて通う際は分からないことが多く、選び方で悩んでしまう人もいるでしょう。特に、大学生はアルバイト収入がメインになる場合も多く、ジムに支払う料金も気になるところです。

そこで当記事では、大学生でも通えるリーズナブルなジムの選び方と、ジムに通うメリットについて解説します。よくある質問にも回答するため、「大学生でもジムに通うべき?」と迷っている人はぜひ参考にしてください。

大学生でも通える安いジムの選び方!ジム通いのメリットとは

1. 大学生でも通いやすい!安いジムの選び方

大学生の中には、アルバイトの仕事をしていても、ジムに通う経済的な余裕がない人もいるでしょう。マシン特化型のジムは、トレーニングに必要な設備だけを備えたシンプルなジムでリーズナブルに利用できます。以下では、大学生でも通いやすく料金が安いジムの選び方を解説します。

ジム選びのコツは下記の記事でも紹介しているため、当記事と併せて参考にしてください。

失敗しないジムの選び方|種類からおすすめの施設まで紹介!

1-1. 【料金形態】月額で通い放題がお得

スポーツジムの料金形態にはさまざまなタイプがあり、「月2回まで」「月4回まで」などコースごとに月の利用回数を制限する分、料金を安くする形態もあります。しかし、利用回数制限があると、一度のジム利用で長時間滞在しないとコスパが悪いと感じるかもしれません。ジムに来たものの体調や気分が優れないときでも、1回分消費されると思うと帰りづらく、非効率に時間を過ごすことも考えられます。

その点、リーズナブルな定額制で使い放題のジムは、当日のコンディション次第でトレーニング時間を変更しやすく、好きなときに好きなだけ利用できるため、お得感を得られるでしょう。また、パーソナルトレーニングジムは専属トレーナーがサポートすることで理想の体型に近づきやすい反面、1か月の利用料が10~15万円程度と高額です。契約する場合は十分な資金を用意する必要があるでしょう。

1-2. 【営業時間】24時間営業がおすすめ

スポーツジムには24時間営業の店舗もあります。24時間営業なら、深夜にアルバイトをする大学生や、サークルや研究が夜遅くまである大学生も、いつでも利用できます。トレーニングをすると頭がスッキリするため、朝の講義前にジムに通うのもおすすめです。

営業時間が決まっていると、閉店までに行けるように逆算して時間を確保しなければならず、ほかのスケジュールが入れにくくなることもあるでしょう。24時間いつでも利用できるジムなら、フレキシブルに対応できてスケジュールの邪魔をしません。

また、さまざまな場所に店舗があり、どの店舗でも利用ができるジムはさらに利便性が高く、コスパがよいと感じられるでしょう。自宅の近く以外に大学周辺や乗換駅周辺などにジムがあれば、その日の予定や気分に合わせて利用店舗を変えられます。

1-3. 【室内設備】豊富なマシンがあればOK

規模の大きなスポーツジムでは、お風呂やサウナなどの設備が整い、フィットネスの種類も豊富に用意されています。たとえば、マシントレーニング以外にも、プールの利用やヨガなどのスタジオレッスンへの参加が可能です。充実した設備とメニューがある分、料金は高額になりますが、さまざまな体験をしたい場合にはお得感があるでしょう。

しかし、ジム通いが習慣化すると、自分が毎回利用する設備やトレーニングメニューは固定化する傾向にあります。そのため、いくらマシンやレッスンが豊富でも、普段利用しないものについては料金が「無駄」と感じる可能性があります。

体のコンディションやボディラインを整えたい場合、トレーニングマシンが充実していれば基本的には十分です。安いマシンジムでも有酸素運動や筋トレができる本格的なマシンがあれば、理想の体型を手に入れられるでしょう。

1-4. 【サービス】女性専用設備があると安心

女性の場合は専用設備があり、セキュリティがしっかりとしたジムを選ぶと安心です。「料金が高いジムでないとセキュリティが心配」と感じる人もいるかもしれませんが、料金が安いジムでもロッカールームやシャワールームのセキュリティを万全にしている店舗もあります。ジムに入会する前には、無料の施設見学などを通してセキュリティを確認するとよいでしょう。

女性専用の更衣室やシャワールームがあれば、トレーニング後のシャワータイムもリラックスして過ごせます。また、高額なジムの中にはジムエリアに女性専用エリアを設けているケースがあります。男性利用者の視線を気にせずトレーニングに集中できますが、費用対効果の面は検討が必要でしょう。女性専用エリアのある高額なジムは、男性会員にとってはメリットがなく、コスパが悪いと感じる可能性があります。

2. 大学生は安いジムに通う必要がある?ジム通いのメリット

最近では、筋トレに関する動画が多く配信され、自宅にいてもトレーニングしやすくなっています。そのため、「お金を出してまで大学生がジムに通う必要があるのか」と疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、ジムには自宅トレーニングにはないさまざまなメリットがあります。以下ではジムに通うメリットを2つ紹介します。

2-1. 器具を買うお金やスペースを省けるs

筋トレは自重トレーニングでもある程度までは効果を出せます。しかし、より本格的・効率的に鍛えたい場合は、ダンベルやゴムバンド、チューブ、マットなどの器具が必要です。トレーニング器具は自宅のスペースを占領しがちな上、インテリアともマッチしづらく保管方法が悩ましいアイテムです。筋力がついてきて負荷が足りなくなった際は、さらに器具を買い増すことになり、お金もスペースも使ってしまいます。

その点、ジムを利用すれば、器具はすべて用意されているためトレーニングウェアとシューズを購入するだけでよく、自宅が狭くなる心配とは無縁です。

2-2. 体が美しく引き締まって自分に自信が持てる

自宅トレーニングは専用器具がなくスタッフもいないため、自己流のトレーニングになります。自己流トレーニングは、間違ったフォームにより首や腰を痛めたり、期待した通りの効果が得づらかったりする点が問題です。ついサボってしまい継続しづらい点もデメリットと言えるでしょう。

ジムのマシントレーニングでは、分からない点があればジムスタッフに尋ね、正しいフォームで鍛えることが可能です。体を痛めることなくトレーニングができ、効率的に理想の体に近づけるでしょう。美しく引き締まった体を手に入れれば、自分に自信が持てます。

2-3. 規則正しい生活習慣が身に付く

大学生の中には夜更かしをして不規則な生活になったり、一人暮らしで食生活が乱れたりする人もいるでしょう。不規則な生活は、ジムに通う時間を定時にすることで改善できます。たとえば、就寝時間の3時間程度前にジムで軽めのトレーニングを行えば、適度に体が疲労して睡眠の質を高める効果が期待できます。

ジムでトレーニングを始めて体型に変化が出てくると、自分の体に意識が向き、食生活にも気を遣うようになります。美しい体型になるにはバランスのよい食事が欠かせません。トレーニングの効果を無駄にしたくないと食事に気を遣ううち、自然とバランスのよい食生活となるでしょう。ジムでのトレーニングには理想の体型とともに、健康的なライフスタイルも手に入れられるというメリットがあります。

3. 大学生がジムに通う際に抱くよくある疑問と回答

ジムに初めて行く場合は、さまざまな疑問が湧くでしょう。ここでは、不安なくジムに通えるよう、よくある疑問に回答します。

Q:筋トレは夜にやっても効果がある?

A:夜でも朝でも、時間帯に関わらず筋トレの効果はあります。ただし、夜に負荷の強い筋トレを行うと脳が覚醒し、寝付きが悪くなる場合があるため注意が必要です。夜の筋トレは、トレーニング内容や回数を調整することをおすすめします。筋トレの時間については、下記の記事でも詳しく解説しています。

筋トレ効果が高いのは朝と夜のどっち?ベストな時間帯とは?

Q:筋トレするならプロテインは飲むべき?

A:プロテインの主成分はタンパク質です。タンパク質には筋肉を作る役割があるため、筋トレ中は意識して摂取することをおすすめします。タンパク質は肉や魚、豆製品に多く含まれますが、1日の必要量を食材のみから摂取するのは容易ではありません。プロテインを飲めば、手軽に効率よくタンパク質を摂取できます。しっかりと筋トレの効果を出したい場合はプロテインを飲むほうがよいでしょう。プロテインの飲み方は、下記の記事で紹介しています。

プロテインを飲むタイミングは?正しい飲み方で筋トレ効果アップ!

まとめ

大学生でも通いやすいジムは、リーズナブルな定額制で通い放題、かつマシンが豊富にある24時間営業の店舗です。女性は専用設備やセキュリティの状況も確認しましょう。ジムでトレーニングをすれば、器具の購入費用や自宅のスペースは不要です。マシンで効率的に美しい体を手に入れられ、規則正しい生活習慣も身に付くでしょう。

JOYFIT24は24時間営業のマシン特化型ジムです。リーズナブルな月会費で通い放題で、全店舗の利用が可能です。カードキー認証とセコムとの連動で女性も安心して通っていただけますので、ジム通いを考えている場合はJOYFIT24へぜひご入会ください。